FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

The Seed of Truth 
魂の琴線に触れる 煌めく言葉 (by MITSUKO)

Appreciate my own uniqueness (2)
ESSAYS

*********************
(Japanese)


(……昨日からのつづき)

たしかに、自分の容姿について、
何か 根深いコンプレックスや トラウマのようなものを抱えてきた人が
美容整形手術を受けたら、一時的にでも、自分に強く自信を持つことに
つながったり、それが契機になって、物事がうまく前に進むように
なることもあるかもしれない。

しかし、美容整形手術を受けたとしても
あたりまえだが、人生ぜんぶが
パーフェクトになるわけではない。

自分の体、容姿についてのネガティブな感情は、
私にも体験がある。

そのむかし、バレエ・ダンサーをしていたころのこと、
私は自分の体が ほんとうに 大っキライだった。

そしてダイエット地獄から 過食症、摂食障害に陥り
8年間も 過食と嘔吐を繰り返した。
ほぼ毎日だ。


バレエダンサーとして 舞台栄えのする
ガリガリなくらいに やせた容姿を 手にしたら
自分の人生もパーフェクトになる

そんな愚かな想いが、
心の底にはきっとあったと思う。

でも、気づいたのだ。

たとえ、ダンサーとしての完璧な容姿をもち、
満ち溢れた 才能があったとしても、
それだけで 人生万事OKには 決してならないと。

そのときの 気づきや想いは 
まだまだあるけれど

あの餓鬼地獄のような様から
自らの芯棒となるものに立ち還り、
自力で立ち直った 15年前を
いま振り返って思うのは

まず イの一番に やらねばならなかったことは

素のままの ありのままの 自分自身 
自分自身の 類まれなるユニークさを
感謝して そのまま 受け入れてあげることだった。

そして 本当に大事だったのは、
自分という 小さな固い枠にとらわれた 
小さな小さな世界から 抜け出すこと
飛び出すことだった。

形あるものは いつかは滅び
すべては 移り変わる
だからこそ 美しい。


もちろん
身なりを きちんと整えたり
自分の魅力を 最大限に磨くことも大事。

お洒落をしたり、
女性として生まれたことを
愛しみ、楽しみながらも、

でも そこだけに とどまらずに

今 世界中に ひとりしかいない 
自分という 人間の この体をもって生まれ、
ここに在ることを 感謝しながら

ワクワク体験を重ね 感覚を研ぎ澄ませ
もっともっと 自分の魂を成長させたり

自分という小さな枠を飛び出て 
他者のために 己を役立てられるような
生き方をしたいなと 切に思う。

MITSUKO


blog ranking 1
★★応援クリック、ぜひ どうぞ よろしくお願いします……☆
毎日書き続けていく大きな励みになります♪
Blog ranking ブログランキング

スポンサーサイト





Date : 2008.12.28 Sun 01:11  Essay (エッセイ)| コメント(0)|トラックバック(0)

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://mitsuko11.blog.fc2.com/tb.php/42-5de48e6b