FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

The Seed of Truth 
魂の琴線に触れる 煌めく言葉 (by MITSUKO)

Appreciate my own uniqueness (1)
OPINION & ESSAY

Topic:
More and more people are seeking plastic surgery for purely cosmetic reasons. Why are so many people willing to accept the costs and risks of this kind of surgery?

---------

My opinion is that we should not lightly seek plastic surgery. Now, there is a fair amount of advertisement for cosmetic surgery here and there and some people have facelift operations casually to incorporate a new look. However, I strongly disagree with this trend.

First, we cannot pursue a meaningful life with the attitude that if we do not like something, we should simply replace it. Even if we get plastic surgery, our lives will never become instantly perfect.

It may be true that someone who has been uncomfortable with his/her appearance would become temporarily confident if he/she got plastic surgery. I had the same kind of negative feelings toward my body as a ballet dancer. What I strongly believed then was that my life would become perfect if I obtained a very skinny and attractive figure.

However, I keenly realized that even if I had fine features, it did not mean that I would have no more struggles in life. Life would still be full of its ups and downs. What I had to do first was to accept myself as I was and appreciate my own uniqueness. What counts most was the ability to get out of my own little world.

In conclusion, I disagree with plastic surgery because all material things pass away and nothing stays forever. I believe that the most important thing in life is to grow our souls and serve other people, not to niggle over appearance.

MITSUKO


*********************
(Japanese)

【お題】
美容整形について、個人的に思うこと

最近では、より美しく、若く 
魅力的になりたいという理由から
簡単に 美容整形の手術を受けるような風潮があるけれど、
なぜ多くの人は、そうした手術にかかる費用やリスクを
喜んで受け入れるのでしょうか?

……という
ただいま勉強中の
英文ライティング(250ワード)で 
お題があり、
日本語でも 想うままに
書いてみました。

-------------------------


ひとは 生まれながらに
自由意志と選択する権利が あるわけだから
それを存分に行使し、体験し、
学んだり、楽しんだりすればよいと思うのだが、

わたし、個人的には、
医学的・身体的な必要性を理由に含まない
表面、見栄えだけを追求したような美容整形は、
あまり軽々しく求めるべきではないと思っている。

だから わたしは いくら 
自分の胸が ペタンコ気味でも 豊胸手術は受けないし、
40代に入り、しわや顔の皮膚のたるみが
少々気になってきたとしても
シワとり手術や若返り手術は 今後も受けないだろう。。。

わたしも いちおう女性なので
きれいでいたい、美しくありたい
という 願望は 強くある。

自分が 本来持つ 女性性は
大切にしたいし、これからも
内側からも外側からも輝かせたいと思う。

でも 単に、美容上の理由で
自分が気に入らない顔や体のパーツを 
ハイっと 手軽に他のものと入れ替えたり、

人工的な方法で 増強したり補強したりすること、
それを 何度も何度も繰り返すようなことは
わたし個人的には やりたくない。


なぜなら、そうした

単に 嫌いだから、捨てる、
表面的に 取りかえる、
それを 繰り返す……

という姿勢では、人生 何やっても
うまくいかないんじゃないかなと 思うからだ。

つづく……☆

スポンサーサイト



Date : 2008.12.27 Sat 22:22  Essay (エッセイ)| コメント(0)|トラックバック(0)